マユライズで眉毛ボーボー計画!【マユライズ口コミクイーン】

コツを知るべき!太眉の書き方とは?


太眉を書く

大流行!太眉の書き方を覚えよう

太眉の書き方については、正しく知らないと時代遅れになってしまいます。
太い眉毛が流行りだしてからしばらく経ちますが、なかなかコツを掴むことができないと悩んでいる人も多いです。

基本的には、書きすぎない塗りすぎないというのがポイントになりますので、とにかく太くすれば良いという考え方は捨てなければなりません。
目元にインパクトを持ってくるのは非常に重要なことですが、ナチュラルな書き方をしなければ、流行の眉ラインは作れません。

基本的にはパウダーとペンシルでメイクをしていくのですが、いかにも形を整えていますというイメージを与えるのは避けたいものです。
そのためには一定の方法に従ってメイクをしていく必要があります。

 

一歩間違えると危険!流行の太眉を知る

太眉の書き方について考えるときに、とにかく太くするというイメージを持っている人は大失敗します。
全体的に野暮ったいイメージになってしまい、細い眉毛よりも恥ずかしい状態になります。

ポイントとなるのは薄くて太い眉毛を作るということです。
濃くて太い眉では時代遅れの眉毛になりますので注意しましょう。

毛の量が多い人でも少ない人でも、まずは長さを整えることから始めるべきです。
長さを調節することによって、全体的に薄くて太い眉毛を作ることができるのです。
カットするためには、コームの付属した眉毛シェーバーを使うと均等な長さに調整することができます。

その後、眉を書いていくのですが、下から書いていって太くするというのがポイントです。
眉毛と目の距離を縮めることによって、目力を強くすることができますし、あまり濃いメイクでなくても太い眉毛を作り出すことができるのです。

その際にもナチュラルに形を整えていくという大前提を忘れないようにしましょう。

 

理想のラインを作るためのポイント

太眉の書き方はポイントを覚えておくことが重要ですが、ある程度毛の量がないとナチュラルメイクは完成しません。
ですから、ラインにこだわりすぎて必要な眉毛まで剃ってしまうと、パウダーを乗せる部分がなくなってしまうので注意が必要です。

産毛のような部分でも大切な眉毛になりますので、不必要に切ったり剃ったりしないのがポイントです。
眉毛の量を増やすための努力もしながらメイクの技術を上げていきましょう。

ある程度の毛量があれば、全体的に長さをカットしていくだけで薄くて太い眉毛を作ることができますので、ナチュラルなイメージをより強くすることができます。
パウダーとペンシルの使い方もしっかりと覚える必要がありますが、なるべくペンシルは眉毛の下の部分だけに使用できるよう、眉毛の量を増やしましょう。

美容液や育毛剤を使用しながら、強くて綺麗な毛にしていくことで、メイクの時間を大幅にカットすることができます。
流行の眉ラインを作るには、自毛がとても重要です。

 

まとめ

太眉の書き方は、いかにナチュラルに行えるかというのがポイントです。
いかにも眉毛を書いていますという感じで、インパクトが強すぎる眉になると、流行の眉ラインは作ることができませんので、薄くて太い眉毛を意識しましょう。

薄くて太い眉毛を作り出すためには、眉毛の長さをしっかりとカットしていかなければなりません。
そうすることで、太くても野暮ったいラインにはなりません。
一昔前に流行った太眉とは別物なので、そこを意識しましょう。

書いていく時には眉毛と目の間の下の部分から、ラインをつけていきます。
パウダーは眉毛全体に乗せていきますが、眉毛自体がないと厳しくなりますので、育毛も並行して行っていくのが重要です。

 

>>眉毛美容液で太眉作り。マユライズの効果をコチラで確認


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です