マユライズで眉毛ボーボー計画!【マユライズ口コミクイーン】
マユライズで眉毛ボーボー計画!【マユライズ口コミクイーン】 > 眉毛を増やしたい! > 眉毛を濃くするためにできること3つ+2つの裏技!

眉毛を濃くするためにできること3つ+2つの裏技!


眉毛を濃くする

眉毛を濃くするためにできることって何?

抜いて処理していたので眉毛が薄くなってしまった。
妊娠中や生活リズムが悪かったせいで、女性ホルモンが乱れて眉毛が薄くなった……。

 
原因は様々ですが、眉毛が薄くなってしまうとメイクもなかなか決まらなくなりがちです。

眉毛が薄いと目元の印象がのっぺりしたものになるので、
はっきりした顔立ちの人だとより際立ってしまいます。


 
眉毛を濃くするためにできることですが、

1.血行や栄養に気をつけて、体内から発毛環境を整える

2.眉毛の整え方を変えて、薄くなりにくいようにする

3.眉毛育毛剤や眉毛美容液を使って、成長促進!

 
の3つがあります。

そして、一時しのぎですが眉毛が濃くなったように見せる裏技として、

1.眉毛エクステで見た目の量を増やしてしまう

2.眉ティントで地肌に色付けしてしまう

 
ということもできます。

 
血行や栄養については、分かりやすいですね。
ビタミンB2やビタミンE、タンパク質などをしっかり摂るようにして、
生活リズムを整え、お風呂にもしっかり入るようにしましょう。

 
そして裏技のひとつ、眉エクステは最近できるサロンが増え始めています。
近くのサロンで眉エクステをやってくれるなら、自眉が育つまではそれでしのぐのも楽でいいですね。

 
他の方法ですが、まずはあまり耳慣れない眉ティントについてみてみましょう。

 

見た目の濃さを改善! 眉ティントを使ってみましょう

眉ティントは韓国コスメ発のアイテムです。

既に生えている眉毛をどうにかするのではなく、眉毛の生えている地肌を染色することで
眉毛のメイクをオフした後にも色が残ってくれます。

これなら、海やプール、温泉などで眉毛がなくなってしまうことを心配する必要もありませんね。

 
韓国コスメの眉ティントですが、最近は日本製のものも発売されています。
1ヶ月で10万本売れたという大人気商品のフジコ マユティントがオススメですよ。


 
眉ティントは一度使うと、3日~7日程度色が残るので、
週に一回使って汗や雨などで眉のラインが消えないようにしておくと、
眉毛の見た目の濃さがしっかり改善できますね。

眉エクと比べてコストもかなり低く抑えられるので、オススメですよ。

 

整え方を変えて眉毛を濃くする

眉毛を濃くするためにも、整える際に抜いて処理するのは控えたいですね。

長く飛び出てしまった眉毛なども、間引くように抜いているとだんだん密度が下がってきます。

そうならないように、抜いて処理するのはまぶたの上の本当にいらない眉毛だけにしましょう。

 
眉山の上のうぶ毛は顔用のシェーバーで丁寧に剃って、
眉毛のメインラインはコームですきながら、はみ出た部分を眉バサミでカットしていくのが理想です。

 
減らさないように気をつけていれば、眉毛のヘアサイクルは結構早いので、
だんだん密度も回復してきます。

すでにだいぶ抜いて処理してしまっていて、眉毛がなかなか生えてこないようであれば
眉毛育毛剤や眉毛美容液で、生やす力に外側からアプローチするのもありです。

 

早めに生やす努力を始めるといいですよ

自眉を育てるために、手っ取り早いのは眉毛育毛剤や眉毛美容液の活用です。

どう違うのか気になるところですが、

眉毛育毛剤

男性ホルモンなどを使用する育毛剤(医薬品)です。
発毛に特化した成分になっていて、商品によっては妊娠中に使えないなどリスクもあります。

地肌への配慮はあまりされていないことが多いので、肌荒れしないかどうか試しながら使っていきましょう。

 

眉毛美容液

成分的に「育毛剤」を名乗れない眉毛ケアのための美容液です。
眉毛のためにいい成分だけでなく、ハリやコシなど一本一本の見た目も良くしてくれるものが多いですね。

効果が緩やかな分、肌荒れの心配などもなく、
むしろ地肌にいい成分が含まれています。

自眉を育てるだけでなく、眉エクステや日々のメイクでいたんでしまった眉毛のケアにも使えるので、
濃くしたい、生やしたい、以外のニーズにも答えてくれます。

 

それぞれ上記のような特徴があります。

眉毛を濃くしたい、という希望にそっているのは眉毛育毛剤ですが、
使うには色々とハードルがありますので、

まずは眉毛美容液を眉毛のヘアサイクルに合わせて3ヶ月程度使ってみて、
それでもまったく効果を実感できなかったら試してみる、というのが良さそうです。

 

まとめ

眉毛を濃くする方法をまとめました。

一時しのぎのものは、コストが掛かるものの効果が高いので、
今の時点で眉毛が薄くて困っているのであれば、まずそこから始めてみるのもいいでしょう。

そうしてコンプレックスを解消してから、眉毛美容液や眉毛育毛剤を使って、
自眉をしっかりと濃くしていくのがオススメです。


今後どんな眉毛のスタイルが流行ってもいいように、
ある程度の量の自眉はしっかりと確保しておきたいですね。

 

>>眉毛の育毛方法についてもまとめました


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です