マユライズで眉毛ボーボー計画!【マユライズ口コミクイーン】
マユライズで眉毛ボーボー計画!【マユライズ口コミクイーン】 > 眉毛のメイクのこと > 眉ティントの使い方まとめ。しっかり使って時短&ナチュ眉!

眉ティントの使い方まとめ。しっかり使って時短&ナチュ眉!


眉ティントの使い方

眉ティントの使い方まとめました

韓国初の眉毛メイクアイテム眉ティント。

7日間もつ効果が魅力的で、メイクの時短やすっぴんでも恥ずかしくないなどいろいろな特徴があります。

地肌に色を付ける効果があるので、旅行やお泊りですっぴんを見せることになっても、ほんのり眉のラインが残ってくれます。
眉毛が薄くてすっぴんを見せるのに抵抗がある方にはぴったりですね。

 
ただし、洗顔しても落ちない分失敗すると大変です。
眉ティントを試す時にはしっかりと使い方を押さえておきましょう。

 
眉ティントを使うのは、夜お風呂に入ってから。
メイクもオフして皮脂も洗い流した状態で、清潔な眉に対して使います。

 
まず眉ティントを付属のブラシや筆などで眉に塗っていきます。
作りたい眉の形に、厚めに塗っておくのがポイントです。

あまり薄く塗ってしまうと、色が乗りにくい上に、剥がす時に難しくなります。
眉ティントを剥がすのに手間取ると、残っている自眉も抜けてしまいかねないので気をつけましょう。

眉ティントを自分好みの形にしっかりと厚めに塗ったら、
2時間以上乾燥させて地肌を染色しつつ、剥がせるようにします。

乾燥させる時間はどれくらい色を入れたいのかにもよってくるので、
始めは2時間で、後は好みに合わせてだんだんと長くしていくといいでしょう。

完全に眉ティントが乾いたら、眉からやさしく剥がします。
眉毛が抜けてしまわないように剥がしきったら完了です。

後は一日、こすったりクレンジングしたりしないように気をつけましょう。
 

眉ティントを使う時はここに注意! 注意事項まとめ

眉ティントを使う場合の注意事項をまとめておきます。

顔の印象を大きく変える眉毛のスタイル。
眉ティントでケアするのであれば、失敗しないようにしたいですね。
 

はみ出てしまった! 眉毛以外についてしまったらどうするか

眉ティントを塗る時に、はみ出てしまったり、頬やTゾーンなど眉毛以外に着いた場合はどうすればいいのでしょうか?

この場合は、色が肌に移る前にできるだけはやく拭き取りましょう。

頬など露出している肌についているのであれば、ティッシュなどで、
望む眉のラインからはみ出てしまった場合には綿棒を使って取り除きます。

 

こういう肌質だと眉ティントが乗りにくいです

オイリー肌の方の場合は眉ティントを使ったカラーリングがなかなかうまくいかない可能性があります。
眉ティントを使う前に、眉毛周辺の皮脂はしっかりととっておきたいですね。

それに加えて、油分があると色が乗りにくくなるので、眉ティントをする前に保湿ケアで乳液などを使う場合は、
眉につかないように気をつける必要があります。

 

それってほんとに理想の眉毛の形?

眉ティントを使う上で一番やっかいなのが、
眉ティントの利点でもあるなかなか色が落ちにくい点です。

作った眉の形が、実は自分の顔つきに合っていなかった、としたら大問題。

眉ティントを使う上での注意点として、24時間以内にクレンジングしない、というものがありますが
一晩明けてどうも違和感があったら、クレンジングで早めに落としてまた再チャレンジするようにしましょう。

 

眉ティントにはどんなものがあるの? オススメ商品はコチラ

かなり便利そうな眉ティントですが、まだあまり数もないので選択肢は多くありません。

その中でも人気のものについて、情報をまとめました。
 

セブンデイズティンテッドアイブロウ(ミシャ)

■カラーバリエーション

・セピアブラウン
・マルーンブラウン
・シノピアブラウン

セルフタンニングに使われる成分DHA(ジヒドロキシアセトン)を利用して、眉毛の地肌にほんのり色付けします。
書きやすい筆タイプで、1300円前後のプチプラなので、初めての眉ティントにいいですね。

 

ティント マイ ブロウジェル(エチュードハウス)

■カラー展開

・ブラウン
・ライトブラウン
・グレイブラウン

コチラも韓国コスメです。
厚めに塗ると、かなりしっかり色がつくようですね。

 

Fujiko Mayu Tint(フジコ)

■カラーバリエーション

・ショコラブラウン
・モカブラウン

1ヶ月間で10万本売れた大ヒット眉ティントです。
安心の日本製なので、韓国コスメはちょっと怖い……、という方でも気軽に使えます。

それでも最後は自眉が欲しい! ならまずはコレ

眉ティントの使い方をしっかり押さえれば、海やプールでも安心、お泊りでもすっぴんを見せられるようになります。
ただ、それでもやっぱりメイクには違いないので、自眉もしっかりと育てておきたいですね。

今は太眉ブームですが、多少流行りの太さに上下はあってもまた細眉がブームになるまでは結構間が空くと思います。
自眉を育てて、どんなブームが来てもナチュラルな自分の眉毛で勝負できるようにしたいですね。

そのために大切なのが、眉毛を生やしてしっかり育てるケア

 
一番お手軽で確実なのが、眉毛美容液を使って自眉をケアしていくことです。

眉毛美容液は眉毛育毛剤と違って、気軽に使える安心の成分が使われています。
また、地肌の保湿や美肌にもいい成分が含まれているので、自眉を育てながら美肌ケアもできるのがうれしいですね。

例えば、加水分解卵殻膜が配合された<たまご美容液>マユライズの場合は、
眉毛のハリ、コシ、成長のための成分、美肌や保湿のための成分が入っていて、
なおかつまつ毛にも同時に使うことができます。

自眉を育てるだけでなく、アイラインのトータルなキレイさをケアするために、ちょうどいい商品ですね。
 

>>眉毛美容液マユライズの口コミをコチラでチェック!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です