マユライズで眉毛ボーボー計画!【マユライズ口コミクイーン】
マユライズで眉毛ボーボー計画!【マユライズ口コミクイーン】 > 眉毛を増やしたい! > 眉毛を生やす最終手段、自毛植毛ってどんなもの?

眉毛を生やす最終手段、自毛植毛ってどんなもの?


自毛植毛について

髪の毛を眉毛に植毛? そんなことができるとは……

自分の毛を毛根ごと毛がない部分に移植するのが、自毛植毛です。

男性の薄毛によく使われているのは知っていましたが、実は眉毛にも髪の毛を植毛することができるみたいですね。

この場合、後頭部の髪の毛を毛根ごと眉毛に移植します!

そんなことできるの?? といった感じですが、実際に症例も多いようです。

また、植毛に関しては、人口毛を移植するという方法もありますが、
拒絶反応が起きたり自毛と違って一定の期間でダメになってしまったりするので、費用・リスクとまったく見合いません。

なので、植毛と言えば自毛植毛と考えて問題ないと思いますよ。

髪の毛を眉毛に移植するのはちょっと違和感がありますが、症例の写真などを見る限りちゃんと手入れすれば問題なさそうですね。

眉毛だけではなく、まつ毛の植毛もできるみたいですが、まつ毛植毛の症例写真を見るとなんかちょっと伸び方に違和感がありました。

眉毛の場合は、そもそもきちんとカットしないと見栄えが悪いのでその辺も問題無いと思います。

眉毛の自毛植毛は具体的にどんな流れになるのか

眉毛を生やす手段としては、かなり確実な自毛植毛ですが、実際のところどんな流れで行われるんでしょうか?

費用もリスクも覚悟しないと行けない手術だけに、気になりますね。

 
眉毛の自毛植毛の流れ

まずはカウンセリングと植毛に関係する部分の状態の検査などを行い、植毛の方針・デザインや施術日などを決める

施術当日! 後頭部からドナーとなる自毛を採取し、眉毛に移植

3日程度のクールダウン期間(強い腫れが出てくる可能性があります)

※実際の流れは、ドナー(植える毛)・眉毛の状態や担当する医師、ご自身の体調などによって変わってくるようです

植毛したばかりの髪の毛は、休止期に入りいったん抜けてしまう事が多いです。

その後3ヶ月程度休止期が続き、そこからだんだんと生えそろってきます。

植毛した眉毛が生えそろうまでには、半年から一年がかかります。

この「生えそろうまでには、半年から一年がかかる」点についてはしっかり押さえておかないといけませんね。

費用はどう? 眉毛の植毛の費用をチェック

自毛植毛の費用

流れがわかったところで気になってくるのが費用……

眉毛の自毛植毛には、どれくらいの費用がかかるのか確認してみましょう。

眉毛の自毛植毛の費用を調べると、100本程度で30,0000円~50,0000円とかなりの費用がかかるようです。

眉エクなどでなんとかすることと比べると、ぜんぜん費用が違いますね……

ただ、一時しのぎの眉エクと違って、髪の毛の毛根ごと移植する分確実に自毛を生やすことができます。

もちろん医療行為になりますので、クリニック選びもしっかりしないといけません。

アートメイクなどと違って気軽にできないので、無免許でやっているようなところはないでしょうが、
評判や施術内容、症例などをしっかり調べて間違いの無いところで受けるようにしたいですね。

評判のいいところ程、お値段も高くなってしまいますが、

顔の印象を大きく左右する目元の話なので、妥協はしたくないですね。

植毛のメリットとデメリットをまとめました

ざっくりと眉毛の自毛植毛のことがわかったところでちょっとメリットとデメリットを整理してみましょう。

ほぼ確実に自眉が手に入るので、眉毛に悩んでいる方は飛びついてしまいそうですが、
デメリットについてもしっかり押さえて冷静に判断できるようにしておきましょう。

 
眉毛の自毛植毛のメリット

・自然な眉毛が確実に手に入る
→髪の毛の移植なので、エクステやアートメイクなどと比べてかなり自然ではあります

・一度やってしまえば、定期的に費用がかかることもない

 
眉毛の自毛植毛のデメリット

・かなりの費用がかかる(500,000円~)

・施術方法によっては後頭部に傷が残ってしまう
→アップヘアにするときなどに、ちょっと不安になってしまうかもしれません。

・ダウンタイムなどを考えてスケジュールの調整が必要
→施術とダウンタイム(腫れなどが引きまでの期間)を考えないといけません
 移植した場所がひどく腫れたりしたら、ちょっと外には出れませんね……

・ちゃんと生えそろうまでには時間がかかる
→移植した毛はいったん抜けてまた生えてくるので、生えそろうまで半年から一年待たなければいけません

 

メリットとデメリットを並べてみましたが、眉毛の自毛植毛をする場合は、
費用と期間がネックになってきますね。

数日は会社などにもいけなくなりますし、彼氏などに植毛直後の眉毛をみられるのもちょっと……

ただ、デメリットを乗り越えられれば、自眉を手に入れる確実な方法ではあります。

植毛は確実に生える眉毛が手に入る反面、コストもリスクもどうしても他の方法よりも大きくなってきます。

であればまずもっとお手軽に試せることろから始めてみませんか?

一番楽に始められる自眉作りのための方法は、眉毛美容液ですね。

育毛剤でないぶん効果を実感できるまでの時間は少々かかりますが、
口コミなどを見る限りではちゃんと生えてくるものが多く価格も毎月眉毛エクステをするのと変わりません。

最終手段に踏み切る前に、手軽に試せるところから

気軽に始められる眉毛美容液
本当にどうしようもなく薄くて、すぐになんとかしたい! という方の場合、自眉にこだわらないのであれば、アートメイクや眉毛エクステで乗り切るという手もあります。

ですが、アートメイクは個人的にはおすすめできませんね。

どの道、タトゥーと同じようなものなのでアートメイクで作った眉毛には立体感がなく、無免許で施術しているサロンもあるようなのでリスキーです。
ひどい腫れや炎症を起こした場合も、サロン側がなにか保証してくれることもありません。

万が一望ましくない結果になっても、アートメイクの除去はレーザーなどを使って行う必要があり、その施術のリスクと費用を受け入れなければなりません。

気になる部分に多少でも自眉があるのであれば、眉毛エクステでなんとかしつつ、眉毛美容液でしっかりとした自眉を育てていきたいですね。

まとめ

自眉を増毛する最終手段、自毛植毛についての情報をまとめました。

ほぼ確実に眉毛を増毛できますが、費用やある程度の期間が必要になるなどデメリットも多いです。

もともと眉毛を欠損してしまった方など向けの手術なので、太眉ブームだから、と気軽にチャレンジするのはオススメできません。

まずは眉毛美容液のような、リスクの少ない方法を試しておきましょう。

 

>>リスク無しの眉毛美容液で人気なのはコチラ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です