マユライズで眉毛ボーボー計画!【マユライズ口コミクイーン】
マユライズで眉毛ボーボー計画!【マユライズ口コミクイーン】 > 眉毛を増やしたい! > 薄い眉毛を増毛したい! どんな方法があるのかまとめてみた

薄い眉毛を増毛したい! どんな方法があるのかまとめてみた


眉毛の増毛について

薄い眉毛を増毛する方法まとめてみました

一度抜いて処理する細眉にしてしまうと、最近みたいに太眉がブームになった瞬間に眉毛の細さが悩みに変わっちゃいます……

抜いて処理する方がキレイになるんですけど、その後なかなか生えてこなくなるんですよね。

細眉を太眉に切り替えるために、薄い眉毛を増毛する方法にはどんなものがあるのでしょうか?
増毛率が高い順にまとめてみました。

自毛植毛

生やすって意味では一番確実ですが、なにしろ髪の毛の移植なので大掛かりですし、費用もかかります。
ダウンタイムなどをどうするかも問題ですね。

体毛用の育毛剤

「ミクロゲンパスタ」のような、体毛用の育毛剤も選択肢に入りますね。
髪の毛は女性ホルモンですが、体毛は男性ホルモンの影響を受けるので髪の毛用の育毛剤を使ってもダメですよ。

眉毛美容液

一番手軽に自眉をしっかりケアできるのが眉毛美容液です。
育毛剤(医薬品)ではないぶん、効果が実感できるまで時間がかかりますが、
それ以外にこれといってデメリットのない安心な方法です。

(番外1)眉毛エクステ

まつ毛エクステはメジャーだけど、実は眉毛にもエクステをつけてくれるサロンがあります!
生やすわけではないのですが、眉毛美容液などで育毛している間のつなぎにはいいかもしれません。
デメリットは費用とできる場所が少ないことですね。

(番外2)アートメイク

お手軽そうに聞こえるけど、早い話が眉毛を刺青(タトゥー)で入れるのがアートメイクになります。
費用はそこそこで見栄えもいいけど、ちょっとリスキーかも

 

方法によってはデメリットも……

 

5つほど、薄い眉毛を増毛する方法をまとめてきましたが、やっぱり即効性があるものほどデメリットも大きいです。

自毛植毛のデメリットは?


自毛植毛は、後頭部の髪の毛を眉毛に移植する【手術】です。

定着率もよく、ちゃんと生えてくるようですが100本50万円~の費用がかかってしまいます。

手術後すぐはアイメイクもできず、ひどく腫れてしまう場合が多いので、実際に手術をうけるだけでなくその後眉毛が落ち着くまでの期間(ダウンタイム)もしっかり考慮する必要があります。

見た目のために、というよりも怪我などで眉毛が一部なくなってしまった人などが選ぶべき方法ですね。

ちなみに、自毛じゃなくナイロンなどでできた人口の眉毛を植毛することもできるようですが、
拒絶反応があったり、結局もちが悪かったりでメリット&デメリットが見合わないので却下していますw

 

体毛用の育毛剤を使うことのデメリットは?


体毛用の育毛剤としては、有名ドコロとして「ミクロゲンパスタ」があります。

これの使用上の注意をみると、「妊婦、妊娠している可能性のある女性、授乳中の人」はNGみたいですね。

体毛用の育毛剤には男性ホルモンが使われているので、特に妊娠中の人は要注意です。
眉毛美容液と違って、れっきとした医薬品なので注意して使う必要があります。

眉毛を増毛するために使うことについては、ミクロゲンパスタも想定しているようですが、
実際に使った人の口コミなどをみると、目が痛い・しみるといったこともあるようです。

 

あと、これは完全に感情の問題ですが、男性ホルモンを顔に塗るのにちょっと抵抗がありますよねw

 

眉毛の増毛にチャレンジするなら、こんな流れがおすすめ

 

どれくらい切羽詰っているのかによりますが、眉毛の増毛にチャレンジするなら、まずはデメリットが少なくお手軽なものから始めてみたいですね。

いきなり自毛植毛までいくと、ちょっと費用的にも無理があります……
怪我などで一部分がすっぽり抜けてしまっているような状態ではなく、あくまですっぴんの時も眉毛で恥ずかしい思いをしたくない、という感じで眉毛の増毛にチャレンジするなら、

まずはマユライズのような眉毛美容液を使ったケアから始めてみてはいかがでしょうか。

眉毛美容液は「育毛剤」ではないので、医薬品のような強力な効果は期待できないものの、副作用やかぶれ・肌荒れ、妊娠中は使用できないなどのデメリットがなく、毎日のメイク前やお風呂あがりにサッと塗ってケアすることができます。

眉毛のヘアサイクルは2,3ヶ月程度なので、だいたい3ヶ月ほど使ってみて効果があるかどうか確認しましょう。

眉毛は一斉に生えそろうわけではなく、まばらに生えてくるものなので、なかなか効果を実感できないかもしれませんが、「○ヶ月は継続しよう」としっかり決めて使っていればだんだんその効果を感じることができるようになりますよ。

眉毛が生えて欲しいところにしっかりした眉毛が生えてきたら、始めのうちは眉毛エクステで盛ってしまうのもありですね。

あまり眉毛エクステを続けていると、お金もかかるし眉毛も痛んでしまうので、生えそろってきたらやめるようにしたいです。

眉毛美容液を2,3ヶ月使ってもまったく効果が感じられないのであれば、次はミクロゲンパスタのような体毛用の育毛剤にチャレンジしてみましょう。

髪の毛は女性ホルモン、髪の毛以外の体毛は男性ホルモンの影響を受けるので、女性用の育毛剤を眉毛に使うのはNGです。

しっかり眉毛に使えるものを選んで始めてみましょう。

育毛剤を使ってヘアサイクルを一周しても、まったく生えてこないようであれば、そこで初めて自毛植毛やアートメイクなど、費用がかかりリスクもある方法を検討です。

その際は、眉毛の自毛植毛、アートメイクにどんなデメリットがあるのかしっかり把握した上で、それでも眉毛を増毛したいかもう一度考えてみましょう。

まとめ

眉毛の増毛方法には、

・自毛植毛
・体毛用の育毛剤
・眉毛美容液

がありますが、始めはやっぱりいちばんリスクのない眉毛美容液から試してみたいですね。

マユライズの場合は、まつ毛美容液としても使えるので、まつ毛も短くて気になっている、なんて方は2,3ヶ月くらい眉毛とまつ毛をゆっくりケアしてみるといいですね。

今は太眉が流行っていますが、また細眉のブームが来るかもしれません。
取り返しのつかない方法は、できるだけ避けておきたいですね。
 

>>眉毛美容液 マユライズの口コミをコチラでチェック!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です